OurStory

INKKAS® WORLDWEAR

Footwear that brings the world together

During a 2012 backpacking trip across Latin America, founder Dan Ben-Nun met local artisans making sneakers from authentic textiles. Dan immediately fell in love with the concept of using authentic textiles and working with local artisans and launched the Inkkas brand to create footwear that brings the world together.

Inkkasは、2012年にニューヨークで設立され、
デザイナーのダニーがペルーで見つけた美しく伝統的な南米のテキスタイル
の生地と靴を融合する事で生まれたブランドです。
現地ペルーの職人が1足1足ハンドメイドで生産しております。
また2014年より、同社はフェアトレード、社会貢献と信頼の原則に基づいて運営されており、
アマゾンの森林保護に売り上げの一部を寄付しています。

1

2

The Inkkas company is founded on the principles of fair trade and global philanthropy. Inkkas are crafted with respect for the environment and the people who make them. As part of the OneShoeOneTree project Inkkas plants one tree for every purchase. In partnership with TreesForTheFuture Inkkas is helping reforest the world and provide sustenance for local populations in developing countries.

OneShoeOneTree
Inkkas インカスは、フェアトレードと国境を越えたグローバルな慈善活動の原則に基づいて設立されました。
米国の公共慈善団体TreesForTheFutureとの提携により、
Inkkasインカスが進めるOneShoeOneTree(ワン・シュー・ワン・トゥリー)プロジェクトの一環として、
インカスの靴を1足購入する度に途上国の地域住民のための植林活動を支援しています。